2009年2月 5日 (木)

ディスカウントストアのラジオ

Dsc_4677m ER-20TとER-21T

2週間前、ディスカウントストアのダイレックスで写真左のラジオを見付け買いました。アナログ表示のFM/AM/SW(10BAND)ラジオです。朝日電気(株)のER-20T(中国製)となっています。価格は1900円ぐらいだったかと思います。感度もリスニング向きで、海外日本語放送であれば結構聞こえます。電池の持ちも非常に良く、つけっぱなしで寝てしまってもかなりもちます。難点は短波の周波数表示が当てにならないこと。ただ、強い局しか選局できませんので、表示見なくても日本語放送と判れば私にとって十分です。

ところが、今日ホームセンターのハンズマンでその兄弟機を見付けてしまいました。ER-21T(2680円)。大きな違いは5kHz表示のデジタル表示。バックライト付。時計も付いて、おやすみタイマーとアラーム機能も付いています。そして電源スイッチのホールドスイッチが付いています。使った感じはほぼ20Tと同じです。

共通しているのは表示部を除くボディ。短波3.9~21.9MHzを10バンドに分けてあり、多分中の基盤も一緒でしょう。細かい所ではツマミ、スイッチ類は脱落しないように、ボディ裏から組まれています。こうゆう細かい造りは私好みです。

ほぼ同じ大きさのICF-SW100には感度、選択度などかないませんが、結構実用的です。とにかく価格が安いのでラフに使ってしまいそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

資料を製本してみる

Dsc_4580m

製本テープ買ったので、試しにいつも使う資料を製本してみました。

普段、日本語放送しか聞かない私には、分厚い周波数が記載されている本はもったいなく、いつもWEB上から拝借して、それをワードやエクセルで編集して使っています。普段参考にさせてもらっているホームページは

日本語放送のスケジュールと英語放送
関東DXersサークル<KDXC>
http://kdxc.hp.infoseek.co.jp/
Tune-in WEB
http://radiojack.ld.infoseek.co.jp/

中波放送の周波数表
AMラジオ遠距離受信の部屋
http://www.oyakudachi.net/

です。

写真左から1冊目、日本語放送用。2冊目英語放送用。3冊目中波民放用(昨日作った)。3部に分かれているのは、それぞれ更新できるように。こんだけあれば、私の耳(脳)には十分すぎる資料です。他に聞こえるのは、中国語、韓国語がほとんどですし、他の言語に至っては区別がつきません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

久々に国内中波を聞いてみました

自分のブログとか本当に日記代わりに書いているもので、読み返す事があまりありませんでした。久しぶりに見ていたら、検索ランキングとやらが横にありそこに「IC-R75、中波」というものがありました。

そこで、以前作った中波用ループアンテナやあるだけのコードを繋いでロングワイヤーを作りました。自宅の敷地の端から、実家の敷地を通り越し、実家所有の駐車場まで引っ張り3mH50m長のワイヤーアンテナです。それをFRG-7700+FRT-7700に繋ぎました(アース無し)。問題は隣の家との境ギリギリを通っているため、上には電灯線やら電話線やら、下は給湯器3台など、ノイズ源のすぐ近くということ。

そんなんで、中波帯下から上まで民放局を探してみました。(21時から22時30分)

周波数  放送局      SINPO
954    TBSラジオ    34323
1008    ABCラジオ    43444
1116    南海放送     24323
1143    KBS京都     33433
1179    MBSラジオ    34444
1197    熊本放送     55555
1233    長崎放送     44323
1242    ニッポン放送   33233
1269    四国放送     33333
1278    RKBラジオ    33444
1314    ラジオ大阪    33333
1332    東海ラジオ    32333
1350    中国放送     34333
1413    KBCラジオ   44334
1494    山陽放送     44343

ノイズは家と家の間を通っているだけにひどいものがありますが、この時間帯はこんなもんでしょう。普段、日本語放送ばかり聞いていますが、ちょっと中波民放追っかけもふっかつしてしまいそうです。

Dsc_4542m

| | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

KG-ACARSで遊ぶ

盆休み以降、私のお小遣いは底をつき、今月もデジタル一眼レフのD40Xの修理代に2万強の金額がかかったため身動き取れません。長男から海に釣りに行こうとせがまれ近場の白川へ行くぐらいですから。撒き餌と餌で1000円也。海に行ったら、魚と人間と車の餌代がかかります。

そんな訳で家でゴロゴロしていたら、CQ誌07年4月号別冊「エアバンドリスニング入門ガイド」にACARSデコードソフトなるものの記事が後ろに載ってました。早速、「今日も飛行機日より」からダウンロード。HAM用V/UHF2段GPにICOMのIC-R5つないで、更に抵抗入りコードでPCにつなぎました。

Dscn2144

画面上に、飛行中の飛行機の便名、位置、高度、進路などがでて面白い。特に長男はこれに食いついてくれて助かりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

愛機1号機リビングへ

Dscn2039 2階寝室の部屋からついに、1階リビングへFRG-7を移動しました。21時以降、子供たちが寝室に移動するためけっこうリビングは静かなんですね。そこで、FRG-7をリビングへ。机と棚は元々置いてあったので、外にアンテナ線張って繋ぐだけ。欠点は、真後ろに猫のトイレがあって場合によっては臭い。

123 、アンテナ線も逆Lならぬ逆V型の10mロングワイヤー。中央をロープで吊上げて一番高い所でも3m位です。アースは付けていません。これで、最近、日本語放送を聞くのが食後の一時となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)