« 泉村から椎葉村までツーリング 1 | トップページ | FRG-7の電球交換 »

2018年8月 6日 (月)

フィールドデーコンテスト

最近、無線のことをほたっていましたので、コンテストに参加することにしました。
場所は阿蘇市波野箱石峠(900m)です。
Photo_5 後ろは根子岳(ガスってます)
朝6時に出発して、7時着。設置に1時間かかりました。実は前日に購入したばかりのミニタープに苦戦。
舗装際は砕石が入っていてペグを挿す所が見つからん。
Photo_6
本日のマイ・シャックは FT817ND、Lipo4Sバッテリー、4.5mH自作50MHz3eleYAGI、3C-2V7mです。
8時スタート。そして、恒例のトラブル。
あれ?3エリアまで聞こえるのに、送信ができない。817のパワーメーターが振れない。
どうも、マイクコネクタ部分の接触が悪いようです。
Photo_7 応急処置
とりあえず、畳んだアンテナを縛るためのマジックテープ?で強引に押さえて運用。
初めて、3ele使ったんですが、なんか使いずらい。MMANAでゲインよりもFB比優先で設
計したのですが、それがいかんかったのかもしれません。
いつものヘンテナにすればよかった。
今回の特徴として、QRPのせいか、遠方の局(3・8)のCQ局に対しては近くもしくはパワーのある局に負けてしまう。仕方がないので自分でCQを出しひたすら待つ作戦でした。
しかし、先方で周波数が被ってしまって私の声は聞こえていないことも。
そして、日陰を作っても集中力は途切れるわけで、しかも、ソロライダーは声を掛けてくるわけで。朝食抜きで腹も減るしないところのでラーメン作ったり。結局、山の上での運用と変わらないペースです。
2時間で15局。あれっ、4エリアがない。交信は3、5、6、8エリアでした。

10時を回ると後2時間という考えより、この炎天下で片付けするのかとの思いが先に立ち撤収開始。

大汗かいて片付けましたが、12時頃には近くの温泉に浸かってました。

|

« 泉村から椎葉村までツーリング 1 | トップページ | FRG-7の電球交換 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。