« 家族で江津湖散歩 | トップページ | 鞍岳移動 »

2011年5月 2日 (月)

スーパーカブ移動運用仕様

移動運用仕様とは大げさですが、ポールを立てれるようにしました。

子供のバスケの練習と試合でGWの初日2日間を潰してしまった、5月1日に朝からオールJAコンテストがあっていることを思い出しました。無線といえばスーパーカブでどこででも運用できるように出来んもんかと思いました。

荷台に載せたボックスにスタンドを取り付ける事として、4.5mアルミポール、5.4mと4.5mのグラスロッドの直径をノギスで計り、インターネットで塩ビ管の規格寸法を確認しました。

4.5mアルミポールと5.4mグラスロッドは塩ビ管のVP-40に入るようです。4.5mグラスロッドはVP-30に入るようです。さらにVP-30はVP-40に入るようです。これをUボルトで固定することとしました。

Dscn0751m 4.5m竿を入れた状態

4.5mのグラスロッドを立てる場合は、間にVP-30を入れて隙間を埋めます。我ながらといいたいところですが、一発でイメージ通りにはいかず、ホームセンターを往復しました。

Dscn0745m_2 積載状態

昼過ぎてからようやく完成したので、FT817NDとバッテリー、ヘンテナ、5.4m竿を積んで熊本市は金峰山へ行ってみました。17時頃、辛うじて木立が開けた場所で設置しました。

Dscn0749

Dscn0750

なかなか良い出来と思ったのですが、50MHzSSB5W出力でPTTボタン押した瞬間、声も出してないのにFT817のパワーメーターが振れました。アンテナとリグが近いので回り込み?ですか。2.5Wだといいようですが、どこからも応答ありません出した。しかたがないので145MHzFM2.5WホイップアンテナでCQ出して熊本市内の局長さんと交信しました。S-5とのことなので、木立のせいか意外と電波が飛んでない様子です。再度、試してみたくなりました。

|

« 家族で江津湖散歩 | トップページ | 鞍岳移動 »

コメント

すばらしいバイクシステムですね・・

投稿: JP6NWR | 2011年5月 9日 (月) 11時48分

この記事へのコメントは終了しました。

« 家族で江津湖散歩 | トップページ | 鞍岳移動 »