« SKYDOORアンテナを作る | トップページ | 5月30日から6月5日まで一週間 »

2010年5月16日 (日)

島原散策

  今日は、長男とちょいと足を伸ばして、長崎県は島原市まで行きました。嫁は船が嫌だと、長女と次女はお母さんと一緒がいいといい、野郎二人で行きました。

手始めに、今日は主な観光地を島原市のHPに沿って歩いたのですが、熊本市から見て身近な場所だということが分かりました。

今回は、熊本新港まで車で行き、港に車を留め「九商フェリー」へ。人間だけだと大人680円子供340円(「熊本フェリー」オーシャンアローは800円と400円)。1000円強で海を渡れました。

Dsc_8210m 島原市と眉山。後ろ雲仙岳

一時間の航海のあと、「島原外港」に着きました。港を出ると、島原鉄道の「島原外港駅」まで歩いて5分。待ち時間はともかく、10分で「島原駅」に着きました。料金大人150円子供80円。

Dsc_8226m 黄色い1両編成。

島原鉄道ルール。後ろから乗車して整理券を取り、降りる時は前で料金を払い降りる。路線バス形式です。

家を8時50分に出て、島原駅を11時45分に出ました。ここまでの所要時間2時間55分。ちなみにフェリーと電車にタイミングよく乗れれば2時間半切れたはず。

で、歩いて10分で島原城の前まで来てしまったので、昼食にしました。とりあえずお城のまん前の「姫松屋」というところで「具雑煮」なるものを。ちょっと大目の雑煮でしょうか。15年ほど前、熊本は菊陽の光の森近くに具雑煮屋らしきものありました。確か、島原名物とあったはず。今はマックスバリューとなってます。

Ca3d0009m 具雑煮定食「梅」1200円也

食後、すぐに店を出て(ざるそば食った息子はエアコンの利きに耐えられなかった)、島原城へ。

Dsc_8237m 本丸内は刀や鎧兜などの展示

料金払ってお城の中へ。5階に上がるまで息子に、「島原の乱」というものを簡単に説明。説明しているうちに「島原城」と「原城」がごっちゃになり、違いが分からなくなりました。「原城」ってどこ?

5階で城下を展望したら城を降りて「武家屋敷」に。

Dsc_8252m_2 屋敷内の人形にドキッとしました

さらに、後戻りして商店街アーケードを抜け、「鯉の泳ぐ街」へ

Dsc_8275mやたらと豊富な湧き水

そこから10分で島原鉄道「本社前駅」へ。ここで、14時10分でした。島原城5階から駅までの所要時間1時間20分。ちょっとまわり方が早かったかも。それから、汽車で島原外港に戻って、またまた、九商フェリーで熊本新港へ。家に着いたのは16時30分でした。

感想。島原という街は、城を中心に観光地が集まっているので、車が無くても移動できました。これは遠出の散歩コースになってしまいました。次は、もう少し突き詰めるなり、温泉まで歩くなりしてみようかと思います。

|

« SKYDOORアンテナを作る | トップページ | 5月30日から6月5日まで一週間 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。