« 新年明けましておめでとうございます | トップページ | 白川河川敷を散歩 »

2010年1月 4日 (月)

壊れた三脚でアンテナスタンド

3年間愛用したKINGのミニ三脚が、ついにネジの締めすぎで頭の部分が砕けてしまった。

最初は、伸び縮みする足を使ってアンテナを作ろうかと思いましたが、ガラクタの中に細いパイプに取り付ける、ハンディ機用アンテナ基台(BNCと同軸ケーブル付き)を見つけ合体させました。材料は、うちにあったガラクタ箱にあった物を利用したので、参考になるかどうか。

ちなみにアンテナ基台のメーカーはREVEXとなっていて、そんなメーカー今はCQ誌にもインターネットにも見つかりません。又、同じような基台もどこのメーカーも作っていないようでした。

100103_213001

要は、基台は頭を残し、三脚は頭を除き、それらを6mmのボルトとナット、ワッシャーで繋いだだけです。ついでに下にスズメッキ線でアンカー用の輪っかを作り、風で倒れないようにしました。

100103_212901 地べたで運用しても若干地上高がかせげそう。ホイップアンテナ付けました。足は華奢です。

100103_212601 縮長30cm位。ディーバックに入れてかさばりません。

これを、ニューイヤーパーテイー移動に使ったのですが、立てては使わず、三脚を展望台の手すりに括り付けて使ってしまいました。

|

« 新年明けましておめでとうございます | トップページ | 白川河川敷を散歩 »